Le petit Nicolas !!

f0008907_3482222.jpg

フランス語を学習した人なら知らぬ人はいないであろう名作、「Le petit Nicolas」。
時は1950年代。フランスのとある小学校に通う都会っ子ニコラくんの日常を、子供の目線で描いたとにかく可愛らしいシリーズだ。

私も大学一年生、フランス語を始めてすぐに、コーヒーを飲みながらニコラくんでも楽しみますか、という気軽な勉強会をある教授が催してくださって読む機会を得たのだが、今考えると、お子様言葉が多いこの本が果たしてフランス語初心者向けにいい本なのかというと疑問なのだけど。
ずいぶんたって教育学をはじめてからは、当時の学校文化が垣間見えるところなんかもあって興味深く読み返したものだ。

原作はRene Goscinnyという人らしいが、読んだ私も、あら、そんな人が原作でしたっけ、という感じで、何しろ有名なのはSempeの挿絵のほうなのでは。

で、その我らがニコラくんが映画化されたというので、嬉々として映画館へ!

f0008907_427092.jpg


ニコラくんの親友・太っちょで食いしん坊のAlceste, 金持ち息子のGeoffroy, 警察官のパパがいるRefus, 先生のchouchou(お気に入り)でちょいと鼻につくAgnan,バカで居眠りばかりしているClotaire...優しいMaitresse(担任の先生)に、こわ~い生徒監督(あだ名はLe Bouillon)、校長先生!
みんなお話から抜け出してきたかのよう!
お父さんのイメージが本と違ったけど(もっと真面目で、大人の目からみるとダンディな感じ?)、愉快なパパという設定は映画的には良かったのかもしれない。

在仏日本人向け新聞の老舗、OVNIの批評があまり良くなかったのでどうしようかと思っていたけど、迷わず人にも薦められる映画だった。とにかく抱腹絶倒!ツボにはまって隣にいたユリをつつきながら涙目になるまで笑ってしまった場面も。
チビっこったちってば文句なしに可愛いし、あぁ~もし子供を持つなら絶対女の子と思っていたけど、こりゃ~断然男の子だなっ。
[PR]
Commented by ユリリン at 2009-10-26 23:42 x
もちろんNicolasが一番可愛かったけど
個人的にはClotaireのボケがお気に入りかなぁ。
あとNicolasのしようもないパパも…仏人の典型って感じで
笑えた~
Commented by chihiroparis at 2009-10-27 04:07
Clotaire可愛かったね~。・・・・セーヌ!ってとことかね。
パパは確かに愛すべき(?)典型的な仏人ダンナ!
ダメ奥さんなママも良かったし、あ~ツボな登場人物ばっかりだったね♪
Agnanが何の行だったか、日本語で言うとサシスセソがチャチチュチェチョみたいに子供らしく言えないのもツボだったなあ。
とにかく久々に腹筋に涙腺まで使って笑ったぁ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chihiroparis | 2009-10-26 04:49 | cinema | Comments(2)

主にバレエ評


by chihiroparis