Aurelie Dupont par Cedric Klapisch

f0008907_934531.jpg
「Auberge Espagnole」などでよく知られた映画監督、セドリック・クラピシュが、オレリー・デュポンなるオペラ座の至宝をドキュメンタリーに。

インタビューも交えながら、クラス・レッスン、リハ、舞台袖、舞台上、などオレリーを様々な角度から映し出す。
途中、妊娠してびっくりするほどふくよかになった彼女が、数ヵ月後、ほっそりして登場するあたりが鮮やか。
プロフェッショナルの凄さを一瞬の切り替えで見せられたような。

ドキュメンタリーの巨匠ワイズマンの「パリオペラ座のすべて」が、どうしても「ドキュメンタリーの題材としてオペラ座を選びました」的で、ドキュメンタリー映画としてはおそらく秀逸な出来ながらファン目線だとなんだか物足りない感じがしたのに対し、クラピシュのこの作品は、短いながらも、ファンを満足させるものであることは間違いない。クラス・レッスン風景が映される量だったり、リハにおける会話の切り取り方であったり、バレエ好きの目線である足先重視のカメラワークが多かったり、といったちょっとした点がファンの満足度に貢献しているのだ。

私としてはもう、完全永久保存級映画。DVDになりますように!

f0008907_9195763.jpgf0008907_920296.jpgf0008907_9205075.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chihiroparis | 2010-03-16 09:24 | ballet+danse | Comments(0)

主にバレエ評


by chihiroparis