Los Tarantos@Barcelone

f0008907_7505344.jpg

ここの舞台は数年前バルセロナに来たとき以来で二度目。
(前回はコチラ
アントニオ・バンデラスなどもかつてこの舞台に立ったとか紹介されていてかなりレベルが高いところである様子。

フラメンコは全然専門外だけれど、おそらく私の感じるところでは
本場南部のものは、本物あるいはツーリスト向けにショー的になっているのに対し
バルセロナのはちょっとスタイリッシュで、コンテンポラリーの味付け感じがするってこと。
サルサで言えばキューバスタイルとNYスタイルの違いみたいな感じ(って表現で合ってるかしら)?
衣装も伝統的なカラフルなものではなく、スタイリッシュだった。

ギタリストが左利きで、普通の右利き用のギターをまったく逆で弾いていたのが印象的!

それにしてもフラメンコの音楽っていい。身体の芯に響いてくる感じ。

”酔いしれる”、とはこのこと、といった小一時間だった。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chihiroparis | 2010-07-19 10:11 | ballet+danse | Comments(0)

主にバレエ評


by chihiroparis