The Green ―パリのサラダの味のする京都御所東カフェ

f0008907_0205198.jpg

カフェを飲みに行くだけだったここの存在感が私の中で際立った瞬間は、
あるとき食事を頼んで、付け合せのキャロット・ラペを食べた時。
アニス混じりの酸味の強いその味付けに、
「あ・・・これパリの味・・・なぜここで・・・?」

すかさず、どちらで修行されたのですか?とオーナーらしきカウンターに立つ男性に伺った。
特に修行とかしてないんですけど料理が好きで。と。
どこか外国にいましたか?としつこく聞く。
イギリスに長く住まれていたそうだが、良くパリに遊びに行っていたとか。
移民街とかも行きましたよ!と。

それだ!

スパイスの使い方など、味付けがにおいや味の強いものを使っていて思い切っていて、
なんでもかんでも優しいお味で日本風にしてある他の外食やさんと違って、現地風。
移民の食文化との交流が生み出した豊かな香りのするパリのカフェ飯のお味、と私は思った。
懐かしくって嬉しくなった。

こちらも夜までOK。24時まで。

ちなみに珈琲豆は以前エントリーしたかもがわカフェのものだとか。

京都府京都市上京区寺町今出川下ル扇町281-1 パレスハイツ 1F
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chihiroparis | 2011-09-06 00:34 | Kyoto-Cafe | Comments(0)

主にバレエ評


by chihiroparis