Boris Charmatz Les danseurs pour le 20eme siècle

f0008907_14492822.jpg
f0008907_14492009.jpg
f0008907_14491334.jpg
f0008907_14490637.jpg

Boris Charmatz Les danseurs pour le 20eme siècle

Charmatz はレンヌ・ブルターニュ国立振付センターのディレクター。オペラ座バレエ学校を経てリヨンのコンセルバトワールに学び、その後フランスコンテンポラリーダンスにおけるヌーベルバーグおよびNon-danseの潮流の旗手と呼ばれている。1973年生まれの若手で、オペラ座ディレクターのMillepiedとは友人だそうだ。(舞台に限らない)様々なシーンでのダンスを模索してきた
Charmatzの今回の企画は、ガルニエのあちこちを使って、観客にと交流ができるような近い場所で、20世紀の様々なダンスを振り返るというもの。ダンサーたち自ら作品について説明をし、小さなアンプで音を出し、自由な衣装(多くはスウェットや稽古着のようなものである)で踊る。
この企画が目指すものは、このような形式で踊ることで、「図書館でどうやって踊るの?」「ホール入り口では?」という問いを通し、言葉や動き、また、場所について省察を試みる、ということである。そしてこの上演方法を通し、いかにダンスの歴史が豊かで生き生きとしたものであったことかということを様々な場所で(再)発見しよう、と。脱コンテクストの試みということだろう。
実際に見てみた(というよりこれは「体験してみた」というほうが適切だ)ところ、これらは実現されていたという印象である。あるダンスがそのダンスが演じられるとされているはずである場所ではないところで、衣装も、距離感も違うところで演じられることで見る側には新鮮な驚きと発見があった。そしてそれは演じる側にも間違いなくあったという印象を受けた。いかに我々が固定された文脈とともに作品を見ているかということを再認識する作業でもあった。
とりわけ新鮮だったのが、廊下で踊られていたチャップリン、バリウッド、そしてまったく今まで見た形式とは違った瀕死の白鳥。
ダンサーにインタービューすることも可能だ。外のテラスで踊っていた若手ダンサーに、この企画をどう思うか?と聞いてみたところ、観客と交流ができるのは(普段と違って)非常に大きな喜びである、とのことであった。普段上演場所がかなり固定されているオペラ座にとってとても新鮮な企画だった。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chihiroparis | 2015-10-15 14:50 | ballet+danse | Comments(0)

主にバレエ評


by chihiroparis