ロイヤル映画館中継@パリ Romeo et Julietteロミオとジュリエット, Sarah Lamb/Steven McRae

f0008907_16233693.jpg

Romeo et Juliette, en direct de Royal Ballet de Londres
Avec Sarah Lamb et Steven McRae

今年で初演から50周年記念となるケネス・マクミラン版の「ロミオとジュリエット」を本家ロイヤルバレエから中継。ロミオにスティーブン・マックレー、ジュリエットにサラ・ラム。初演では20分もスタンディング・オベーションが止まなかったと言うのもうなずける、演劇バレエの最高峰作品。

今まで見たロミジュリの中でもっとも透明感に溢れた主役二人に、悲恋に突入する前、恋の高揚感を描いた1幕で既に感動で涙が溢れた。マクミランがもっとも得意とする、人の愛や恋といった感情の視覚化。恋愛をするときに感じるなんとも言葉にできない胸の高鳴りや相手への強い想いが言葉もなく形になって眼前に現れる衝撃。マクミランの醍醐味はここにあると思う。

主役の二人のなんと瑞々しいこと!サラ演じるジュリエットの透明感のある処女性。マックレーのロミオは、少年から大人への移行時期にある独特の繊細さ、大人びていく過程で出る妙な色気がある。特に2幕、マキューシオが殺され、ロミオはティボルトに向け剣を取らなければならないが、ここでロミオは初めて死を自ら請け負わなくてはならない。この訪れた通過儀礼的な場面で大人になることを表す色気めいたものがロミオ役に必要だったということにマックレーのロミオは気づかせてくれた。

何度見ても新鮮に見られるマクミラン版だけれども、今日はこの二人のおかげで、1幕の二人の恋までの過程がこんなにもマクミランによって丁寧に描かれていたのかと気付かされた。触れるか、触れないかという、二人の間にあるのは花びら一枚かなというような出会いから、若気の至りとも言えるラストの悲劇に突入することがまったくもって自然に思えてしまうほどの抑えようのない恋の高揚を描くバルコニーのシーンまでの流れ。このような人生で起こる恋の出会いがいかに奇跡的なことなのか、と感じさせ、既にそこでラストの悲劇への方向性が説得力があるのだった。そのような一幕を見せたカップルはなかなか今まで見た中でもいなかっただけに衝撃的だった。

この1幕を見ながら、ダンサーのキャリアの中で、その人がもっとも良い時期に、身体性や芸術性の合うパートナーに恵まれるかどうかっていうのは本当に運なんだな、ということを考えた。あまりにその意味でベストパートナーであるこの二人が今、こうして最高の状態で、組めるということ、そしてしかもそれがこうして映像に残るという、普段生の舞台をたくさん見ている観客としてはもはや奇跡とも思えることに、心から感謝した。

支えるロイヤルの役者陣。シェイクスピアのお国が上演するバレエとはこういうものか、といつもロイヤルの演劇バレエでは重厚さに圧倒される。
死ぬ時に食べたいもの、ならぬ見ていたいもの、はこの作品のバルコニーの場面かな。今日バルコニーの場面を見ながら、好きなバレエがあれば何もいらないな、と本気で思ったりした。そのくらい圧倒的な作品だし、今晩の上演は自分の観劇史に残る上演だった。3幕はちょっとあっさり気味だったけれども。

ヌレエフ版との比較の中で出てくるロミオやジュリエット像の違いなどについては以前ABT(ホールバーグ&オシポワ)で見た時にまとめてあります。http://danseparis.exblog.jp/16368361/

日本でも11月7日、映画館で上映あり。絶対に見逃せないプロダクション!


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chihiroparis | 2015-10-20 16:33 | ballet+danse | Comments(0)

主にバレエ評


by chihiroparis