<< Roméo et Juliet... Mass b de Béatr... >>

Défilé du ballet de l'Opéra de Paris, lors de Gala d'ouverture de la saison 16/17

いつも感想ばかりだけど、思い立ったので普及活動的に解説を書いてみたりしてみます笑
(このビデオ見たら気分が高揚してしまって思わず)

「デフィレ」はその名の通りバレエカンパニーのダンサーたちが順番に歩いてご挨拶をするもので、シーズン開幕時や特別なガラの時のみ行われるとても華やかな出し物です。これは昨夜の今シーズンの開幕ガラのもの。ただ歩いてくるだけなのにダンサーの鍛錬された身体はそれだけで多くのことを語ってくれて、見るたびに鳥肌が立ちます。生で見た時には圧倒されて何度も涙したことも。
普段は舞台の奥の壁となっているところを取り払い、舞台裏にある鏡張りで美しい控えの間を使い奥行きをたっぷり持たせて行います。
歩く順は、女子→男子で、ヒエラルキーの一番下から。バレエ学校の最下級生→上級生、それから、団員(カドリーユ・コリフェ・スジェ)の間にプルミエールが二人ずつ、最高位エトワールは一人で(任命された月日が若い人から順)。拍手とブラボーの大きさが人気の度合いを語ります。エトワールになかなか任命されないけれども人気の高いプルミエール/プルミエには、そろそろ任命してくれよとディレクションにアピールするかのごとく、大きな拍手とブラボーがかけられます。
最後全員が勢ぞろいでポーズをとるところは言葉にならないほど美しく感動的なもので、その中心となる人=最後に歩いてくるエトワール=最もエトワールになって長い人、は重要な役割です。現在真ん中を務めるマチュー・ガニオは、二十歳そこそこで上から三番目のSujetだった時に階級を飛び越えてエトワールに任命されたためにこれからしばらく真ん中にい続けることでしょう。おそらく任命はこういう位置付けも考慮されていて、彼はオペラ座の顔としての活躍が期待されていたのでしょうね。(実際顔として活躍しています!)

[PR]
by chihiroparis | 2016-09-27 21:22 | ballet+danse | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Roméo et Juliet... Mass b de Béatr... >>