カテゴリ:Voyage dans le monde( 13 )

サハリンへの旅②


やる気のあるうちにサハリンの旅の続きを。
ユジノサハリンスク市内。
f0008907_16203349.jpg
お天気が悪く写真が暗いのが残念ですが教会のエメラルドグリーンと水色の間くらいの目の覚めるような色はあまり我々の日常では見かけないもので、非常に美しかったです。修道女の方々のスカーフや、教会を訪れる人の洋服にもこの色が取り入れられていました。
訪れたのは日曜日、結婚式が行われていました。再婚組らしくお子さんも参加していて微笑ましかったです。
f0008907_16205201.jpg
サハリン州郷土博物館。旧樺太庁博物館。入り口でこま犬が迎えてくれます。
恐竜時代から、サハリンに生息する動物の剥製(大きな熊などもありさすがのど迫力な剥製揃いですごいです)、間宮林蔵の樺太測量について、日本領地時代のロシアと日本の境界石、アイヌ民族の暮らしぶりを伝える資料、などなど、絶対に見逃せない興味深い展示ばかりです。
f0008907_16212031.jpg
鉄子の部屋。サハリン鉄道の車両やD51、広い工場内を走る列車などなど。ユジノサハリンスク駅近くにあります。
ちなみに駅というものは入るにも荷物チェックもあり、構内の写真は禁止。
北の奥地に帰るのであろう大きな荷物の人々や民族衣装の人々など、実に写真に収めたくなるような情景でしたが。
駅前には巨大レーニン像。

f0008907_16213852.jpg
スタロドゥプスコエ(旧栄浜)。ユジノサハリンスクから車で1時間ほどの海岸沿いの町。
宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」を書いたところで、琥珀の採れる海岸もこの小説には出てきます。
オホーツク海の風に体をすっかり冷やされながら琥珀拾いをしましたが、結構採れるんです、これが。
途中、BBQをしていた一家が我拾い集めたものを我々にくれたりして、地元の人の優しさも感じました。
旧栄浜駅は跡形もなく、もう枕木しか残っていませんが、せっかくなので観光地にしようと有志が市に働きかけているそうですが、市長が変わってからどうもあまり話を聞いてもらえなくなったとか。
f0008907_16215281.jpg
ユジノサハリンスクから車で北に40分ほど、ドリンスク(旧落合)。
旧王子製紙工場跡があります。かつては大勢の日本人がここで暮らしていたとか(右下は唯一残る当時の社宅跡)。
現在は廃墟になっており、野犬が非常に多く、私は犬が怖いので車から降りられませんでした・・・。
左下は旧落合小学校跡(現在は私有地)に残る奉安殿。落合小学校では戦前、日本人、朝鮮人、ロシア人が皆で机を並べて学んでいたんだそうです。ちなみに、社宅は戦後ロシア人にあてがわれ、1階と2階とに分かれて同居していたそうですが、結構楽しくやっていた、とは引き揚げした方から聞いたお話。しかしこういった思い出もその方がそこで過ごされたのが何歳頃かによって随分違うのでしょうね。引き揚げ時は両手に持てる荷物のみ、との指示により、家財道具の一切合切は置いてきたそうです。
f0008907_16225714.jpg
ユジノサハリンスクから南に1時間ほど車に揺られ、港町コルサコフ(旧大泊)へ。稚内からここまではフェリーも出ています。引き揚げの時もここから北海道行きの船が出たのだとか。
海底油田で栄えているとかで、マンションなどの建物の外壁もこぎれいにしてあり、街並みが綺麗で人々も他に訪れた町よりも裕福そうな印象を受けました。何しろ子供洋品店が多い。港町お決まりですね。モロッコに船で渡るために滞在したスペイン南端の町アルヘシラスを訪れたときのことを思い出しましたわ。
ここには旧北海道拓殖銀行跡があるのですが修復工事中でした。
養蜂が盛んだとかで蜂蜜やさんで蜂蜜を購入(全くどこのものだとか読めない。英語表記とかとにかくないですサハリン。)。
お昼は①に写真を載せましたが旧北海道拓殖銀行跡から少し歩いた場所にあるペンギン・カフェという場所で。
繰り返しますがサハリンとにかく何もかも美味しい。すぐ行けるロシアってことでまたご飯でも食べに行きたいですが、ビザ取りがあるからちょっとそこまで、とは行かないのが残念。

旅のお土産にはフレップのシロップ、木苺やブルーベリーなどベリー系のジャム、チーズ(残念ながらあまり作られなくなってきていて輸入が多くなっているとか)、蜂蜜、オホーツク海で取れた海の幸の乾物、いくらの瓶詰め(別に安くはないが話のタネに)、グルジアのワイン(ロシアや東欧のワインが豊富に売られているのです)、輸入ルートのせいか安かったのでちょうど切らしていた好物のナツメヤシ(イラン産とロシア産)、そして一つ奮発したのはサンクトペテルブルクのメーカーの紅茶カップ、などなど。
同行の友人に呆れられるほど瓶もので重くなったスーツケースを持って帰ってきました。ああ、楽しかった!


[PR]
by chihiroparis | 2017-08-20 16:11 | Voyage dans le monde | Comments(0)

サハリンへの旅①

成田から2時間、とっても近いロシア。というわけでサハリンに行ってきました。
曇り続きで8月だというのに「まさかこれは着ないだろうけど一応持って行こう」と持参した服を全て羽織る羽目になるほど寒かったですが、晴れたら高原の夏の朝のような爽やかな空気が広がる良い気候のところです。
f0008907_15050358.jpg
貴重な夏を公園で楽しむ人々。
f0008907_15054734.jpg
車窓から植物を見ているだけでも楽しい。
f0008907_15061171.jpg
上二つはボルシチ。お店によって随分色が違うんだなぁと。乾燥肉から出汁を取っていてとてもナチュラルで美味しい。
羊の煮込みなどもクセがなく美味。
黒パンはドイツのものほど酸味がなく、食べやすい。
餃子に見えるのはペリメニ。中はマッシュポテトで、塩とバターで和えてあり、アニスがかかっています。中はキャベツだったりひき肉が入っているバージョンもあり。
ちなみに外食産業はコリアンメニューが多いです。(日本のように甘くなく)現地寄りの味で美味。
とにかく何を食べても美味しいサハリン。
面白いのは、お店が様々な機能を備えていること。カフェ・レストラン・ディスコ・カラオケ、と朝から晩までフル回転です。機能別にやるほどお店が要らないのでしょうか。真ん中に広々したフロア、天井にはミラーボール、それを囲むように窓際にあるソファ・テーブル席で食す、というのが大体のスタイルです。
f0008907_15063660.jpg
飛行機は当初オーロラ航空という航空会社で予約していましたが突然夏の間はキャンセルと言われ、ヤクーツク航空という航空会社で。機内食も美味しいしよかったです。ユジノサハリンスク行きは成田か千歳から週に何便か出ていますがお値段は同じ。結構乗客がいて驚きました。石油関係のビジネスマンらしき人、ロシアからの日本への旅行客、が大半で、日本人はパラパラと。ちなみに成田で到着した場所は周り全て貨物機。安いんでしょうね笑。
f0008907_15065361.jpg
f0008907_15071370.jpg
外から見てもお店なのかわからないところも多いし、お店だとわかってもやってるのかやってないのかわからないところが多い中、西側的に外見からアピールしまくっていたのがこのお店。マトリョーシカカフェ。ユジノサハリンスク駅近く、レーニン通りにあります。インテリアも外国人観光客受けしそうにロシア色満載にしてあってとっても可愛らしいし、お会計がマトリョーシカに入ってくるのも粋!
店員さんが若くて英語を話せます(基本的にサハリンではほとんど英語は通じません)。
紅茶も良いですがせっかくなので果物の実を使ったハーブティーが絶対おすすめです。
実を煮詰めた上にさらに生のものも加えてあって、シナモンスティックとはちみつ入り。
こんな贅沢で美味しいハーブティーにはなかなか出会えません。
この辺りでは木苺やブルーベリー、ハスカップなどがよく採れるらしく道端でもよく小遣い稼ぎにいろんな人が車でやってきては売っています。
f0008907_16240247.jpg
他にもコンテナでお魚を売る人、キノコなども個人で売られていました。

ユジノサハリンスク以外にも南の港町コルサコフ(旧大泊、稚内からフェリーが着くところです)、北のドリンスク(旧落合、王子製紙工場跡があります)、スタロドゥプスコエ(旧栄浜、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に出てくる琥珀海岸があります)とまだまだ旅行記は続きます(やる気が続けば・・・)。

さて、忘れないうちに、ビザ情報。代行業者に頼まずに自分でやってみました。まずは航空券とホテルをおさえたら、TravelRussia. suというこちらで空バウチャーというのを発行してもらいます。これを領事館に持っていけば、特急依頼でもない限り無料でビザは発行してくれます。


[PR]
by chihiroparis | 2017-08-20 15:04 | Voyage dans le monde | Comments(0)

ミュージカル5本勝負@London

f0008907_19124139.jpg
f0008907_19133350.jpg
f0008907_19134250.jpg
f0008907_19135780.jpg
f0008907_19385326.jpg
25周年を迎えたミス・サイゴン。
記念コンサートを月曜に控えているという直前の金曜に見た。
記念の年だからなのだろうか、キャストが素晴らしく、勢いがある。世界中からオーディションに来ているのがわかるキャスト(例えばThuy役は韓国人の素晴らしいテノール、Kwang-Ho Hong)だ。
よくよく冷静に考えるとまぁひどい話なんだが、最後は号泣。隣のカナダから来たという大男のオジさんもおいおい泣いてたし、真後ろではマダムが嗚咽を漏らしていた
キム役のEva Noblezadaはレア・サロンガの系統そのまま、パワフルかつ繊細な歌声に可愛らしい容姿でクリス(映画のLes miserablesにも出ていたAlistair Brammer)と恋に落ちるストーリーに説得力がある。
もちろん最後が泣かせる場面だが、他にも見応えがあったのはクリスの奥さんとの場面か。辛い。
実際にもアジア系の2−3世がこのような舞台を担っているあたりに複雑な気分になる。

*****
20年以上前からもう何度も気が狂ったように見ているオペラ座の怪人。
何度見ても最後の場面、三人の想いに泣かされる。
音楽の天使として慕っていた貴方。
醜いのは顔ではなくてその心よ(劇団四季の日本語歌詞の場合)。
昨年よりも良いキャストで、満足。
ちなみに最後以外に特に好きな場面はプリマドンナの大合唱。

*****
エヴィータ。
これは素晴らしい!劇団四季では声が全然出てなかったのが分かる。なんとパンチのあるエヴィータ役のMadalena Albertoの歌声と、存在!
チェ・ゲバラ役はMarti Perrowという人だそうだがカスれ声であまり伸びがなかったのが残念。これが味わいだと思って配役したのか。
芝さんのチェ・ゲバラに慣れ切った私には物足りなく。
舞台装置は随分日本で見たものと違う。照明も含めちょっとチープだった。

ペロンの恋人だった女性が歌う場面、日本の配役はキーが高めの歌のせいか、可愛らしい女性を配することが多く、物語として意味不明だった。
よりセクシーな女性が歌っていたことで歌詞が伝わってきたような気がした。

ちなみに話は逸れるが、本来の物語が設定している以上に少女的な配役をすることで話が見えなくなっていることが日本では多い。
以前フランスでイギリスのカンパニーがレ・ミゼラブルを上演した際、コゼットの少女性が薄かったことで初めて自分が見ていてストーリーが納得の行く展開だった印象的で、一緒に見た同じくミュージカルに詳しい友人と、日本のミュージカルの少女役の設定について随分議論したのだった。

******
レ・ミゼラブル。
会場は沸いていたが、そろそろロングランはおしまいにしたほうがいいのではと正直思った。
昨年ほどではないがキャストがひどい。ひたすらに声を張り上げて歌っているだけだ。
あくまで印象だが、若手のいい役者は他を目指すようになってしまい、いい配役が集まる舞台ではなくなっているような。
(昨年に引き続き出ていたエポニーヌだけは素晴らしかった。)
あるいは細かい描写まで可能な映画版で見てしまったからだろうか。

映画版と言えば、ミュージカルでは描けないディティールまで画にしたことで話に深みが出たことが素晴らしかったが、舞台でミュージカルとして見ているものには音が悪すぎて残念だった。狭い空間で録音されたことが感じられる音声で、舞台で同じ版を見ている者には物足りなかった。他にもラッセル・クロウ演じるジャベールの歌の下手さ等。クセのあるキャラクターは素晴らしかったものの、ジャベールはやはり朗々と歌い上げるイメージが強く(自害前の見せ場は特に)、歌の力量は役には重要だ。

*****
マンマ・ミーア。
この舞台を見て、皆さん何を思うだろうか。
一番最初に劇中で、友人たちが主役のドナを励ますべくDancing Queenを歌う場面。
もう若くない彼女達。背中に肉がたっぷりとついた50代?の彼女達が、まだ行ける、って生き生きと歌う。
私はずっと、どうやって、「おばちゃん」ではない年の取り方ってないものか、と老いに対して抗う形で考えていた。
それが、おばちゃん、もいいよね。年を取るのは怖くない。とこれを聞きながら思い、涙が溢れた。
苦しい事もそりゃたくさん経験しているんだけど、こうして生き生きしていたおばちゃんって素敵!人生って楽しいじゃない!おばちゃんになるのは怖くない!と本気で思えた舞台だった。

おなじみのコンサート形式の最後は、1人客なのにもうノリノリで踊ってきてしまった。

*****
人生の喜びから哀しみまで。ミュージカルは素晴らしい。

結論。この街にいると私破産しそう。




[PR]
by chihiroparis | 2014-10-12 19:47 | Voyage dans le monde | Comments(0)

London ーfood&balletー

f0008907_17345942.jpg

3年ぶりのロンドン。

イギリスはもはやまずくない!(笑)
むしろいろいろ堪能した!
ホテルのサロンでのアフタヌーンティーはもちろん、フランスでも人気展開しているベルギーのカフェチェーンLe pain quotidienもいくつも出来てたりして、数年来ないだけで随分と変わるものです。

そして、パブ。
f0008907_17332266.jpg

パブは、詳しい方に連れて行っていただいて、ちょっと自分だったら「会員制かしら?」と思ってしまって入れなさそうなところに。パブってこんな美味しいご飯を食べられるところだとは知りませんでした。
****
バレエシーズン前だったのでロイヤルバレエは見られなかったけれど、バック・ステージ・ツアーに参加。17ポンドで、ロイヤルオペラハウスの中を案内してもらえるツアーです。
もちろんお目当てはバレエクラス!
シーズン開幕直前だったこともあって、ほとんどのプリンシパルダンサーが勢揃いしたクラスを見学することができるという幸運に恵まれました。もう、他のところの説明はいいからここだけにずっといたい!バレエクラスだけのツアーやってほしい!と切実に思います(笑)。
飛ぶ鳥を落とす勢いのスティーブン・マックレーももちろんお稽古していて。無精ヒゲ生やしたままでしたが(笑)。カスバートソンがお稽古場でもやっぱりひときわ輝いていたのが印象的でした。

そして、ミュージカル三昧もして。堪能堪能。お買い物編はまた今度。
[PR]
by chihiroparis | 2013-11-04 17:17 | Voyage dans le monde | Comments(0)

Obika - Mozzarella bar@Milan etc.

f0008907_23191369.jpg
f0008907_231938100.jpg
ミラノスカラ座の公演開始は20時と、パリオペラ座よりも少し遅い。
始まる前に腹ごしらえ。
ミラノは何度も来ているが、なぜか食があまり当たりだった試しがない。
雑誌の切り抜きなんかを持って来たりしているくせに、結局時間がなくてその辺でポンと入ると観光的でまずいことが多かった。

今回はミラノにも詳しいトリノ在住の友人夫妻と一緒に観劇だった。頼れる!
最近流行ってるのよ、というモッツアレラ・バーに連れて行ってもらう。

イタリアの食は素材を活かした単純なものが絶対に美味しい。
モッツアレラにとびっきり美味しいオリーブオイルをかけて、トマトとバジルで食べる。
生ハムをつまむ。

嗚呼幸せ。幸せ。幸せ!フランスで美味しいもの食べてから来ても際立つ美味しさ。

さて。この感動をブログにでも書くか。と調べていたら東京にも支店があるそうで。
おそるべしジャポンです。今度行ってみよう。でもね、いくらモッツアレラを輸入できても、あんな美味しいトマトとバジルが一緒に出てくるのかしらん。それにお値段が全然違うわ。笑

観劇後はスカラ座のお隣のレストランで。
こちらはさすがにお高かったけれど、ラグーパスタがほっぺたが落ちそうなくらい美味しかった。
f0008907_23324891.jpg
スプマンテで今宵の素晴らしい舞台に乾杯。
[PR]
by chihiroparis | 2013-02-17 23:34 | Voyage dans le monde | Comments(0)

Liverpool

f0008907_322937.jpg

Liverpoolは着いたその日から空が重苦しく、あぁ、イギリスの洗礼・・・そして夜になって大嵐。
どうなるかと思ったけれど、中日にはこんなに晴れてなんと爽やかだったこと!
海沿いの再開発地区でおしごとだったのですが寒さをのぞけばなかなかな滞在になりました。
特段ビートルズファンってわけでもない私、街中がビートルズ一色でなんか申し訳ないような気分に(笑)
f0008907_3271633.jpg
f0008907_3273663.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2010-11-04 03:29 | Voyage dans le monde | Comments(0)

Londres/Oxford

f0008907_1481471.jpg

@ロンドン・イーストエンド地区 古着屋さんが多くとってもオシャレな界隈でした。


ブログを長いこと放置しておりました(汗)

9年暮らしたパリから、京都へ移りました。
新しい暮らしに慣れる間もなく、10月は出張があちこちにあって慌しく、こんなに時間が経っちゃって。

・・・記憶からいろんな大事なものが抜け落ちてしまう前に、なんとかたまってるネタはUPしたいところ。
とはいえバレエ鑑賞記録を書くには気合が要る・・・

と、まずは写真で軽く、直近のイギリス記といきます。

オックスフォードで入ったかわいいカフェ。
なんと11年ぶり4度めのイギリスだったのですが、昔に比べて随分フード事情が良くなっててびっくり。
f0008907_1535724.jpg

f0008907_156511.jpg

f0008907_157144.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2010-11-02 01:59 | Voyage dans le monde | Comments(0)

トリノでのお買い物(食べもの編)- Ce que j'ai amene de Turin

何から何まで美味しかったトリノ。
イタリアでここまでご飯が当たりばかりだったのも初めて!
今すぐもう一度行きたい!

2泊3日だったのにびっくりするような荷物でパリに戻ってきた私。
シャルル・ド・ゴール空港で、ギリシャでのバカンスから戻った友人と落ち合ってパリ市内に戻ったのだけど、一週間行ってきたのかと思ったよ、と言われ(笑)

さて、恒例のお買い物記録をUP.構図としてはいつものように、「きょうの早川さん」の「きょうのお買い物」リスペクトで。
f0008907_8532394.jpg

リモンチェッロがなぜか友人の間で流行っていて皆飲んでいたので買いたかったのだ。
南イタリアの特産だけれど。右2本がそう。
真ん中のは空港の免税店で。アルコールが強く、それだけにレモンの香りも強く出てて、本当にお酒が好きな人はこちらが好きかも。こっちのほうがイタリアのセニョールがクイっと飲んでそうなので「オヤジ度高し」などと友人と呼んでしまったけど、それだけ美味しいってことです。
一番右はワインやリキュール販売もしていた老舗カフェで購入。まろやかでアルコールに強くない私にはこちらが断然好みでした。
左は、ハーブ酒だとか。あまりに瓶が可愛かったので購入。味は養命酒みたい。ナチュラルで体に良さそうな味。本当はパスティスのようなものを想像して買ったのだけど。

f0008907_924595.jpg

かさばった割りにはヒットが少なかった食材編。
左のフンギ茸入りパスタ、右端のニンニクたっぷりのスナック、が当たりだったけれど、アーティチョークのオイル漬けはお酢が入っているタイプで、パスタに入れて火を通したらツンとして、失敗。オイルオンリーのを見分けられませんでした。伊語勉強しなきゃ!

お菓子編。
f0008907_975754.jpg

どれも大当たり、イタリアのお菓子最高♪
左上下は有名なVechiのチョコ。真ん中はリモンチェッロを買った老舗カフェでずらっと並ぶ飴箱が可愛かったので買った蜂蜜の飴。
右下の黄色いのはトリノ在住の友人がパリに来たときに持って来てくれて美味しかったので買ったチョコ。ところが!このシリーズ、上の白い包みのほう、さらに上を行く美味しさ!
どちらも包みにトリノの風景がブラウンでシックに印刷されていて、見た目も美しく、お土産に絶対おすすめ。

さてさて、こんなでは終わらない買い物編。何しろすごい荷物で帰ってきたのだから!
続編をお楽しみに(?)。
[PR]
by chihiroparis | 2010-08-24 09:15 | Voyage dans le monde | Comments(0)

Barceloneのおみやげ(お菓子編)

f0008907_1926567.jpg

缶が可愛かったので買ったクッキー。名物、トゥロン(アーモンドとハチミツのお菓子)。闘牛タイプは箱のデザインが可愛かったので、おつかいものにと思って購入。
f0008907_20215387.jpg

ちゃんとした町のお菓子屋さんで買ったのがこちら。素朴な作りのクッキーがこんなに美味しいとは!お友達を家に呼んでお茶会をするはずが、朝ご飯がわりに食べてたらもうなくなっちゃいました(みんなごめん)。
f0008907_20292943.jpg

飴のアップ画像。なんとレトロでキュートな包み!!食べるのがもったない。
[PR]
by chihiroparis | 2010-07-05 20:39 | Voyage dans le monde | Comments(0)

Barceloneのおみやげ(食材編)

旅先で絶対すること=マルシェとスーパーに行くこと!
お土産やさんではなく、その土地の人々が普段食べているものを眺めるのが昔から好きです。
今回の出張も空き時間はまずスーパーへ!

さて今回4度目のバルセロナ訪問となったわけですが、こちらがお土産。
f0008907_1964663.jpg

写真の撮りかたは「きょうの早川さん」的な感じで(笑)。

左上から時計回りに、ハーブ入りパン粉(ポルトガルで見つけられなかったのでずっと探していたもの!)、缶の絵が可愛かったので買った唐辛子ペーストにオリーブ、タコの缶詰(ニンニク風味やオリーブオイル漬け)、パエリヤの元、スープストック(魚ベースの)。
f0008907_19152471.jpg

缶の絵柄はこんな感じ。色っぽい女性が描かれています。うーん、素敵!
[PR]
by chihiroparis | 2010-07-05 19:14 | Voyage dans le monde | Comments(0)