カテゴリ:ma vie quotidienne( 12 )

春の訪れ

f0008907_00371032.jpg
そろそろ庭の梅の蕾がほころんできたわよ、あなたの誕生日が近いわね、免許証の更新大丈夫?
(←※何しろ一度フランス在住中に免許をなんと失効させてしまったことがあるのだ!笑)
という母からの留守電を聞いてふと思った。

東京の実家の庭には木や花々が溢れていて、四季のうつろいを当たり前のようにそれらの変化で感じていた。
春の到来はまず、そう、玄関先の梅から感じたものだった。

パリでは1月、マルシェに南仏から届く鮮やかな黄色いミモザが売られるようになると、まだまだ寒いのに春はそれでもすぐそこなのか、と感じたものだった。

その後住んだ京都では、緑豊かな鴨川沿いを毎日自転車で通っていたから、四季折々を目で、鼻で、感じていた。

ふと、この街に来て、四季の変化に鈍感になっていることに気がついた。もちろん、新緑や秋の紅葉といった、街路樹から感じられるいわば”大きな変化”には気づくものの、東京で梅を見て、パリでミモザを見て感じたようなちょっとした季節感が、ない。そう、家から通勤先までという日々目にする空間がコンクリートの世界で、大きな街路樹以外に季節を感じさせるような植物がないのだ。

もう少し以前のような敏感に季節を感じるような生活がしたいな、などと思ったり。ベランダのガーデニングを頑張ってみようか。




[PR]
by chihiroparis | 2015-02-09 00:48 | ma vie quotidienne | Comments(0)

Comme ton sourire....

Je pense à toi.
f0008907_2319470.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2012-09-19 23:16 | ma vie quotidienne | Comments(0)

Renoncule

f0008907_2137596.jpg

お花の名前は詳しくありません。
心身共に疲れた仕事、帰りに会場を飾っていたこちらをいただいてすべて帳消しに。

Renonculeかしらこれ?

Wikiによるとそ花言葉は
« Tu es radieuse et charmante »,
« Tu es éblouissante »,
« Vous êtes brillante et attrayante »,
ce qui peut aller jusqu'à « Ton corps est magnifique ».


・・・・きゃっ
[PR]
by chihiroparis | 2011-04-02 21:45 | ma vie quotidienne | Comments(0)

クールマイユール Courmayeur

f0008907_20464657.jpg

カルシウム・マグネシウム強めの、割と重めの水ながら飲み口はなぜか柔らかいお水。
結構好きです。

ふと、この土地を思い出したので久しぶりに買ってみました。
かのヨーロッパ・アルプスへの登山口、フランス・シャモニの街からトンネルを超えて山の向こう側、イタリア側最初の街がこのクールマイユール。
何度か行きましたが品があって静かで、ステキな街。
国境を越えただけなのに、フランスとガラっと雰囲気が違うからフシギです。


そろそろ(というか今頃だけど)夏の逃亡先を考えたいところです。
バカンス、とは言わないから・・・数日でいいの・・・!

f0008907_21512176.jpg

随分前だから記憶が怪しいけれど、多分これ、クールマイユールからの眺め。
[PR]
by chihiroparis | 2010-07-23 21:23 | ma vie quotidienne | Comments(0)

突然の、夏。L'ete est arrive a Paris tout d'un coup.

なんだかなんだか。突然冬→(春をすっとばして)→夏、な暑い暑いパリでございます。

f0008907_001397.jpg

道行く人にもサマードレス度高し、で、
f0008907_012184.jpg

いつもオシャレなこのデパートのウインドーにも麦わらが並んで爽やかさ満点!
f0008907_02396.jpg

というわけで今年初のお外でアイス、しました。REGISというこのショコラティエ、他の味も試そう、と思いつつ、いつもいつも大好きなこのプラリネを頼んでしまいます。
f0008907_053843.jpg

カフェよりビール、の季節かな。お酒好きには怒られそうですが私はいつもモナコです。
[PR]
by chihiroparis | 2010-05-25 00:08 | ma vie quotidienne | Comments(0)

春からの楽しみ。

f0008907_8135462.jpg


すっかり日が長くなり、昼間仕事して、遅い夕ご飯を食べ、それでもまだ明るいパリ。
何だかそのまま家にいるのも惜しい気がしてしまって、夕食後に友達を誘ってカフェで一杯、何ていうのが楽しい季節になりました。東京に比べて街が小さいので友達と落ち合うのもすぐ。

気候も随分いい季節。冬は閉じていたカフェのテラスは開放されて。
新緑も美しく、これから一月ほどはパリが一年で一番美しい季節です!
f0008907_8235243.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2010-04-27 08:24 | ma vie quotidienne | Comments(0)

南仏から春の訪れ・・・ Le printemps s'approche...

ブログをあまりにサボっておりまして書きたい話題が山積みなのですが・・・・。

久しぶりにマルシェに行ったら南仏から春がやってきていました。
そう、ミモザの季節。
素敵だったので菊系だけど緑が素敵なこのお花(名前が分かりません)と混ぜてみました。
甘い香りがお部屋に漂い、まだ寒いパリでも春の訪れを感じます。

f0008907_6415792.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2010-03-15 06:42 | ma vie quotidienne | Comments(0)

フランスで公共機関に行くのに適切な曜日とはいつなのか。

f0008907_663480.jpg

オペラ座の「くるみ割り人形」の配役が出たため、ダッシュで窓口にかけつけた。

とある日の18時20分。
窓口が閉まるのは18時半。
ギリギリセーフ!と思った日本人の私は甘かった。
「もう今並んでいる人だけでも多いからダメです。」と入り口で警備員に言われる。

まぁ、でも私もそれなりにフランス滞在も長い。
そんな一言でああそうですかと帰るような、従順で心美しき旅行者とは違う。
その辺をウロついてからシラっとした顔で結局列に加わった。

さて、18時半。
フランス人の行動としてはごく当たり前だが、係員は、時間ピッタリに窓口を閉めた。
並んでいる人がいようがいまいが、彼の仕事は18時半までしか払われていないのだ。

しかし、私の前にいた3人のマダムもまたフランス人なのである。
だまって引き下がるわけがない。
私の期待どおり、3人はわめきだした。

「もう何度も来たけどいつもいつも閉められるのよ!!!」(じゃぁ早くくればいいじゃないか)
「電話もつながらない、ネット売りは売り切れ、どうしたらいいのよ!」(だからもっと早く窓口に来ればいいじゃないか)
「私はパリに住んでんじゃないのよ!わざわざ来たのよ!」(だからぁ、そんな買い物袋持ってさ、どこかお買い物してたんだろうしさ、もっと早くくりゃ良かったじゃん)

応戦する彼も負けてない。
「でも、私は18時半にここを閉めるのだ!」

あーだこーだあーだこーだ。
かれこれ、10分はやりあったであろう。

10分も結局帰るの遅くなってるんだし、そんな間に5人分くらい売ればいいじゃないか。

と思うのだが、そこは、時間を費やしてでも譲れないポリシーなのだ。

結局10分後に、「じゃぁ、3人だけ対応します。」と彼。
おお、折れた。感動。そんなこともあるのだ。

しかしチヒロは4人目だった。
後ろの5人目のお姉さんも帰らないので、とりあえずジっと懸命な目で待ってみる。
結局、警備の人に
「ボン、じゃぁその二人も対応して、それで本当にお終いだから、あとは帰らせて。」

というわけで、我ら5人目までは対応してもらえたのであった。
待ってみるもんである。
すごすご帰るようじゃやはりこの国では欲しいものも手に入らないし、必要な用事もいつまでたっても済ませられないのである。


さて、こんな経験は書き出したらキリがない。
大学の登録がまだオンラインでない数年前、16時まで登録可能だと書いてあったので
ある金曜日の15時に窓口に行った。

長蛇の列を整理しているお兄さん、「もうこれだけの人数を17時までに処理できないから終わり。」

憤慨し、「ならそういうこともあると書いておくべきでしょう。16時までって書いてあって1時間前の15時に来た人を並ばせすらしないって!」などとそれなりに反論をしつつも、
フランス暦の短かった私はこれまた従順な中国人の友人とスゴスゴ帰ったのであった。

これを憤慨しつつフランス人に話すと、皆、

「まぁ~、でもー、金曜の午後に公共機関に行くっていうのもねぇ・・」

どうやら週末を前にしたそんな曜日にそんなところに行くほうが悪いという反応であった。


なかなかどうして。この国にはものの本などには書いてない掟がいろいろあるのである。

そんなところにずっといても、まだまだ私はかわいらしい日本人、と思っていたのだが、
去年京都で、「チヒロさんの交渉力ってばすごいですね」と言われ、
そうか、私は知らないうちにそんな力をつけていたのか、と知ったのであった。
[PR]
by chihiroparis | 2009-11-24 06:08 | ma vie quotidienne | Comments(0)

最近思わずニヤリとしちゃったもの

”Il y a des pays qui font grandir L'AME”
(心を成長させる国というものがある)

-モロッコ観光局の広告。

・・・・!
っていうより、寛容にでもなんなきゃやってけないっしょ。
(二度行ったチヒロのツブヤキ)

”COUDE IOU RIPITE?" (Could you repeat?)
”PORC FAVOR” ( Por favor)

-語学学校の宣伝。フランス人訛りをさらにフランス語で書き表すとこんな感じ。
IOUとかウケる!


で、写真は関係ないけど、もう大人気、我らがジャパニーズ・ユニクロ、オペラ座店広告
@メトロにて
もうオペラ座界隈ではここの袋持ったフランス人の多いこと多いこと。

f0008907_8504443.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2009-10-18 08:55 | ma vie quotidienne | Comments(0)

retour a Paris

京都→東京の実家→パリに戻りました。

しばし、この吉田山からの光景ともお別れ。

また戻れますように。

しばらくは、パリの近況報告と、たまった京都の写真と。
ここで二都市を行ったり来たりしてみます。f0008907_723247.jpg
[PR]
by chihiroparis | 2009-09-28 07:02 | ma vie quotidienne | Comments(0)