<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

満月と、「若者と死」と。- La pleine lune et "Le jeune homme et la mort" de Roland Petit

f0008907_8521562.jpg

今晩の満月はあまりに綺麗だと日本で話題だったようなので、夜近所をウロウロ徘徊して撮った一枚。

なぜだか涙が出そうになるほど綺麗なお月様でした。びっくりするほど大きくて。


この月をここパリの住宅街から眺めていたら、帰宅後「若者と死」が観たくなりました。
ジャン・コクトーの台本に、ローラン・プティ振付。音楽はバッハの「パッサカリアとフーガ」。

苦悩する若者と、彼を弄ぶ女(死)。

日本では熊川哲也が踊ったことでおそらくご存知の方も多いはず。
映像ではミハイル・バリシニコフとドミニク・カルフーニのものが有名ですが、映画仕立てで私はあまり好きではありません。もちろん、もはや伝説とも言える、女(死)役のカルフーニの美しさと凄みったら必見ですが。


最近オペラ座でDVD化されたこちらが個人的には好み。
ニコラ・ル=リッシュとマリ=アニエス・ジロー版。
この上演の際には何組か配役を観ましたが、プティ作品でその絶対的な存在感を見せ付けるニコラがやはり最高かと。ジローの美貌と、「死」の恐ろしさが鋼のような足で表現されているのも見所です。

同じくプティ振付の「カルメン」と二本収録。うーん、これも生で観たけれどもっといい配役が他にもあったのでノーコメント・・・。

f0008907_8434099.jpg
[PR]
by chihiroparis | 2010-03-31 08:53 | ballet+danse | Comments(0)

Aurelie Dupont par Cedric Klapisch

f0008907_934531.jpg
「Auberge Espagnole」などでよく知られた映画監督、セドリック・クラピシュが、オレリー・デュポンなるオペラ座の至宝をドキュメンタリーに。

インタビューも交えながら、クラス・レッスン、リハ、舞台袖、舞台上、などオレリーを様々な角度から映し出す。
途中、妊娠してびっくりするほどふくよかになった彼女が、数ヵ月後、ほっそりして登場するあたりが鮮やか。
プロフェッショナルの凄さを一瞬の切り替えで見せられたような。

ドキュメンタリーの巨匠ワイズマンの「パリオペラ座のすべて」が、どうしても「ドキュメンタリーの題材としてオペラ座を選びました」的で、ドキュメンタリー映画としてはおそらく秀逸な出来ながらファン目線だとなんだか物足りない感じがしたのに対し、クラピシュのこの作品は、短いながらも、ファンを満足させるものであることは間違いない。クラス・レッスン風景が映される量だったり、リハにおける会話の切り取り方であったり、バレエ好きの目線である足先重視のカメラワークが多かったり、といったちょっとした点がファンの満足度に貢献しているのだ。

私としてはもう、完全永久保存級映画。DVDになりますように!

f0008907_9195763.jpgf0008907_920296.jpgf0008907_9205075.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2010-03-16 09:24 | ballet+danse | Comments(0)

南仏から春の訪れ・・・ Le printemps s'approche...

ブログをあまりにサボっておりまして書きたい話題が山積みなのですが・・・・。

久しぶりにマルシェに行ったら南仏から春がやってきていました。
そう、ミモザの季節。
素敵だったので菊系だけど緑が素敵なこのお花(名前が分かりません)と混ぜてみました。
甘い香りがお部屋に漂い、まだ寒いパリでも春の訪れを感じます。

f0008907_6415792.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2010-03-15 06:42 | ma vie quotidienne | Comments(0)