<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

deux versions de "Coppelia" - 二つの版の「コッペリア」

f0008907_0494263.jpg

(左からジョゼ・マルティネス(コッペリウス)、ドロテ・ジルベール(コッペリア)、マティアス・エイマン(フランツ)
:写真はFrance3サイトより)

オペラ座で上演される「コッペリア」には2つのバージョンがあります。
一つはカンパニーのパトリス・バール版、
もう一つはバレエ学校のピエール・ラコット版(これはDVDが出ています。その後スピード出世でエトワールとなった学校時代の若きマチュー・ガニオと、可愛らしいシャルリーン・ジゼンダネが主役、学校公演とはいえさすがオペラ座バレエ学校、立派なレベルです。)
f0008907_1502678.jpg

2011年はガルニエで両方のバージョンが上演されました。
France3で放映されたその舞台裏をルポした番組が、
コチラで見ることができます(1週間程度だということなのでお早めに!)。
30分ほどの番組ながらカンパニーのリハの様子から学校の様子まで、ダンサー、ディレクター、そして学校の校長であるプラテル様のインタビューまであって、かなり見応えがあります。

パトリス・バール版の特徴は、何といってもコッペリウスの描き方にあるでしょう。
通常他の版だと、変人で発明家のおじいさん、という設定で、
引退したダンサーがゲストで踊ることの多い老け役のコッペリウス。
少女コッペリアと老人コッペリウスの交流、コッペリアとフランツの恋。
言ってみればそれだけの話。

バール版では、コッペリウスの精神的な複雑さや異常さに焦点をあてた演出で、
老け役とはいえ通常エトワールによって踊られ、なかなかセクシーな役どころとなっており、
青年フランツに恋しながらもコッペリアはコッペリウスのミステリアスな魅力に興味を示す、
という作りになっています。
これが、子供向けである「コッペリア」という作品を大人の鑑賞に耐えうる魅力的なものにしています。
私は記憶が確かであれば、ジョゼ・マルティネスとバンジャマン・ペッシュにより踊られたのを見たことがありますが、2人とも非常にダンディで女性の観客を魅惑するコッペリウスでした。

オペラ座は、このように、子供向けの(言ってしまえばつまらない)作品を、大人の鑑賞に耐えうる芸術作品に仕上げるのがうまい。代表的なものが、ヌレエフ版の「くるみ割り人形」ではないでしょうか。
「寝ててもいいような作品だがチャイコフスキーの音楽はやはり素晴らしい」というようなことを以前鈴木晶先生が書いていらした気がしますが、ほんとにまぁチャイコフスキーの素晴らしさだけというような子供向けのあの作品。
これがヌレエフ版では、子供が見たらちょっと怖いのでは?と思うような演出(夢の中で大きな顔たちが出てくる、など)や、クララが少女から女性へと目覚める過程を強く描くなど他の演出よりRが少し高めな感じにしてみたり、といった独自の演出によって、非常に我々大人の目にも魅力的な作品に仕上がっています。


さて、そのパトリス・バール版の「コッペリア」、
「ワールドクラシック@シネマ」という企画により、映画館で楽しむことができます!
(他にもボリショイの「クラス・コンサート+ジゼル」などがこれから上映予定。)
このように世界中のいい舞台(オペラ・バレエ)を見られる企画が今後も続きますように。
[PR]
by chihiroparis | 2011-06-21 01:54 | ballet+danse | Comments(0)

バカロレア哲学問題2011―les sujets du bac philo 2011

6月。フランスはバカロレアの季節です。
今年も16日から、哲学試験を初日という恒例通りで始まりました。

というわけで私のブログでも恒例になりつつある訳の紹介。


それぞれ3つの中から一つ選択し、4時間(持ち込みなし)で回答します。

la série ES(経済系) :
1."La liberté est-elle menacée par l'égalité" (自由は平等に脅かされているか)
2."l'art est-il moins nécessaire que la science ?" (芸術は科学ほど必要ではないのか)
3.un commentaire sur un texte de Seneque, extrait de Les bienfaits
(セネカ『善行について』抜粋に注釈せよ)

Pour la série S (理系):
1."la culture dénature-t-elle l'homme?" (文化は人間を変質させるのか)
2."Peut-on avoir raison contre les faits?" (事実に反し正当でありうるのか)
3. un commentaire sur un extrait des Pensées de Pascal
(パスカル『パンセ』抜粋に注釈せよ)

Pour la série L (文系):
1."Peut-on prouver une hypothèse scientifique ?" (科学的仮説を証明することは可能か)
2."L'homme est-il condamné à se faire des illusions sur lui-même ?" (人間は自分自身に幻想を抱いてしまうものか)
3.un commentaire de texte sur un extrait du gai savoir de Nietzsche.
(ニーチェ『喜ばしき知』抜粋に注釈せよ)

(☆訳に間違いがあればご指摘いただけると幸いです。)

個人的には、
文系の学生に「科学的仮説を証明することは可能か」
理系の学生に「文化は人間を変質させるのか」というように、
専攻に対しクロスするような形で問題を投げかけている点が興味深いと思います。

ちなみにこちらはDSK(ドミニク・ストラス=カーン)事件に絡めた「模範解答」。
大爆笑。
http://vidberg.blog.lemonde.fr/2011/06/16/les-corriges-du-bac/
[PR]
by chihiroparis | 2011-06-17 00:49 | atualites | Comments(2)

路地裏にて

そういえば先日。

小さな路地のちょうど曲がり角で、小雨の中、
自転車にまたがったまま必死でお昼のお弁当(市販の)を食べている青年がいまして。

なんでこんなところで、なんでそんな乗ったままで、
と、彼は爽快に、とはいかないまでもまぁそこに惨めさのかけらもない雰囲気で食べていたのに
私は泣きたくなったわけですが、

それはまあ
彼のチノパンの膝がパックリ割れていたからなのか、
お寺の裏の路地だったからか、
はたまたお弁当がいわゆるホカ弁だったからか
わかりませんが。

急いでたんだろうか、
お弁当やさんやコンビニの前じゃだめだったんだろうか、
といろいろ考えながら去って来ました。


そんな光景に出くわしたら、
昔、朝の混雑した中央線の中で、四ッ谷あたりだったんですが、
つり革につかまりながら必死で手作りの大きなオニギリを食べてたサラリーマンを思い出しまして。

電車の中で、しかも朝の混雑した電車の中で行儀悪い、
だなんていう批判ができないようなその爽やかさに圧倒されて、
彼を待っているこれからのモーレツ社員としてであろう一日を想像して、
涙、といってもこれも爽やかな涙、が出たのでした。


頑張ろう、私。
[PR]
by chihiroparis | 2011-06-17 00:35 | petite histoire | Comments(0)

Salade des pâtes

f0008907_18163537.jpg

初夏です・・・。京都は既に蒸し暑く、夏を乗り切れるか不安なほど既にばて気味の私。
というわけでそろそろこんな一品が登場。
以前のエントリー(コレ)のマカロニ入りバージョン。フランスで人と集まると誰かしら作ってくるので、そのうち自分の好みのものにして作るようになりました。

マカロニ、グレープフルーツ(写真の時は日向夏で。お好みで柑橘ならなんでも!)、トマト、生バジル。
入れたかったけど家になかったのがブルーチーズ。セロリや、フランスだったら大好きなフヌイユを絶対入れます。

塩、胡椒、バルサミコ(白バルサミコだとこんな風に黒くならなくて仕上がりが綺麗!)、オリーブオイルたっぷり、隠し味にちょこーっとニンニクパウダー。
冷蔵庫でキュっと冷やして。
あれこれ酸味が効いていて夏にピッタリ。

そうそう、ニンニクパウダー。挽けるタイプのを愛用しています。
香りがほんとよくて、胡椒のようにガリガリとそのたびに挽いて使えるのだけど、日本では売ってない(かどうか知らないけれど少なくとも売ってるところ知らないので簡単には手に入らない!)。
Ducros、日本で展開してくれないかなー。
f0008907_18331565.jpg

[PR]
by chihiroparis | 2011-06-07 18:34 | cuisine | Comments(0)

Sakura@Kyoto2011

f0008907_175584.jpg

桜の写真もUPしてなかったようで。
今年はどこも行かずじまい。
鴨川沿いでフランス人たちを中心とした多国籍集団でお花見をしたくらいかな。
そうなるとこんな感じ。
f0008907_181547.jpg
これにクスクス、ローストビーフ。
ワインがすすむすすむ。
[PR]
by chihiroparis | 2011-06-03 01:10 | Kyoto | Comments(0)

阪急電車ー片道15分の奇跡ー

f0008907_17122694.jpg

婚約者を寝取られた女(中谷美紀)。婚約不履行では訴えないかわりに結婚式に自分を招待することを約束させる。
その元婚約者の結婚式の当日、彼女はウェディングドレスで現れる。

女の意地です。涙です。「嫌われ松子の一生」以来女優として不動の位置を築いている中谷美紀が文句なしに最高です。背中で女のせいいっぱいの意地と弱さを同時に表現できる女優が他にいるかしら、と。

全体としては、オムニバスではないのですがエピソードがちらばっている感じで
散漫な印象をうけたのと、多少説教くさい感動モノ的な匂いはしたものの、そんな点を補ってなお余りある感動にあふれている。
俳優陣がすごい。一番は結婚式場のサービス係としてたった一分ほど?の出演時間で泣かせる大杉漣。いやはや。婚約者を奪った女、安めぐみの敵役ぶりもお見事。田舎出身で大学で友達がなかなかできない軍オタ大学生役の勝地涼くんのピュアさだとか。ストーリーテラー的な位置の宮本信子の貫禄は言うまでもなく。タンカ切る姿がかっこ良すぎる相武紗季だとか。

たまに見るこういう、お洒落を気取っているわけでもない直球な邦画もいい、ほんとに。

関西という土地への愛情が湧きました。
関西に来て、日々、関西弁の「ヒエラルキーを軽々と乗り越える力」みたいなものを特に職場で感じていました。敬語やなんかもあるみたいなんだけど、人と人の距離感をスっと縮める力がある言葉。

—これは東京が舞台では不可能だったと思う、そんな愛すべき作品。
[PR]
by chihiroparis | 2011-06-02 17:21 | cinema | Comments(0)

YSL、Des hommes et des Dieux、etc 映画いろいろ

オペラ座日記もUPできてないですし、映画日記もたまっております。
備忘録です。今後可能なら一つづつUPするつもり。忘れてるものが他にもあるかも。

■YSL、Yves Saint Laurent - L'amour fou
イヴ・サンローランのパートナー、ピエール・ベルジェによって語られるサンローランとの50年。
インタビューのみで構成される静かな作品なのに、彼の人生がそうさせるのか。圧巻の一言。
彼のファッションの歴史は女性と自由の歴史でもありますから。
昨年プティ・パレで行われたYSL展も記録してませんでしたからいろいろ写真も撮ってあるし合わせてUPしなくては。

■Des hommes et des Dieux
アルジェリアにある修道院で実際に起きた話。
イスラム教である村の住民とキリスト教の司教たちの交流と、イスラム原理主義の台頭によるその結末と。
”共存”について考えさせられる。
日本でもどうやら公開が始まった様子。

■NINE
「CHICAGO」のロブ・マーシャル演出の同じくミュージカル映画。
「CHICAGO」のほうが映画的には良くできていた気がするが、ミュージカル・ナンバーとしてはこちらのほうがゴージャスかも。「Be Italien」のタンバリンの振り付けで踊るファーギーを見ては一緒に踊りたくなるし、「Cinema Italiano」のケイト・ハドソンもかっこいいこと!
「CHICAGO」のときも機内にも関わらず踊りたい衝動に駆られて座りながらノリノリで3度も1フライト中にリピートした私、今回も往路復路と一度づつ見ました(笑)


■ボリショイバレエ オン シネマ「白鳥の湖」 (ワールドクラシック@シネマ)
先日パリでボリショイ「パリの炎」海外初公演での主役をつとめたマリア・アレクサンドロワ主演。
筋肉質な彼女に閉口。「パリの炎」の活発なジャンヌはとても良かったが、彼女にオデットは似合わない。オディールは多少マシだったけれど。
企画自体は素晴らしい。世界中の一流の舞台を映画館で見られるのだ。
終了した企画に英国ロイヤルバレエの「ロミオとジュリエット」、
今後は同じくボリショイの「クラス・コンサート&ジゼル」パリオペラ座「コッペリア」が予定されている。
他にもミラノ・スカラ座などオペラの企画もあり。
入場料は3500円(当日。事前予約により3000~2500円になる)と映画にしては高いものの、これだけのものを映画で見るには妥当なお値段かと。良企画なので続きますように!

■GWオペラ座いろいろ
「ロミオとジュリエット」、マッツエック「ベルナルダの家」、ボリショイ「パリの炎」。こちらはきちんと記録を書かなくては。なんとかUPできるよう頑張ります。

■Les emotifs anonymes
[PR]
by chihiroparis | 2011-06-02 01:05 | cinema | Comments(0)