<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

珍しいキノコ舞踊団「動物の○(えん)」

f0008907_2342095.jpg


珍しいキノコ舞踊団で「動物の◯(えん)」@アートエリアB1。
京阪の地下鉄の駅構内という面白いスペースだった。椅子は発砲スチロールを削っただけ。舞台となる場所の手前には展示スペースが。

日芸出身者がメインの珍しいキノコ、バレエの友人の友人だったりして近く感じていたけれど見るのは初めて。強烈な体験だった。

日本のコンテシーンはNoismという欧州の"王道"コンテの場を経た、ある意味では"エリート"である金森穣と、モダンダンスの流れをくむ、乱暴に分類すれば日本独自のもの、とに大きく二分されると思うが、珍しいキノコの伊藤の振付の独自性には驚かされた。

ロビンスがウエスト・サイド・ストーリーを振り付けたようにそこにはポピュラー性のある"わかりやすい"ものもあるが、根底にはおそらく木佐貫邦子あたりでいったん頂点を極めたとも言える日本のモダンダンスの強い影響を感じた。

欧州でばかりコンテをみてきたわたしの目には彼女の創り出す世界が強烈に"ジャパン"だったし"トーキョー"だった。
雑多なものが絡み合うこの感覚。
原宿のストリートファッション、浅草や場末の温泉街でやっているようなストリップ、昭和の香りのする喫茶店、ガチャガチャしたテレビ。

小さくて丸っこい日本人の体型だからこそ表現できる、kawaii もの。
体型に合わないクラシックバレエを目指すことがあほらしく思える日本独自といえる舞台だった。
ただしメンバーにはルードラで教育を受けた人もいて、やはり欧州のメソッドが身体性には影響しているのは明らかだった。
[PR]
by chihiroparis | 2013-06-11 23:04 | ballet+danse | Comments(0)

Chouf Ouchouf シュフ ウシュフ

f0008907_22432597.jpg


バレエやコンテンポラリーダンスという枠だけでなく、広く身体表現には興味があります。

Chouf Ouchouf.
スイスで話題の振付ユニット、Zimmermann & de Perrotが、モロッコの北の入り口・Tangerのアクロバティック集団とコラボしたと聞いて出かけた@東京芸術劇場。
ダンスでもないし演劇でもないしアクロバティックだけどサーカスでもない、すごいシュールでとにかく楽しい舞台!!

舞台は、シンプルなボックスいくつかから成っている。
ボックスの何面かは扉のように開閉できるようになっていて、つなげて壁のようにしたり。
ここはああ懐かしいタンジェのメディナだ、とふっとあの世界に連れて行かれるような雰囲気になったり。裏返すとカラフルになってて、あ、マルシェの喧噪ってこんな感じだった、というような。
壁を前後させる動きと踊りとの組み合わせで出ていたえもいわれぬシュール感は特筆すべき。

彼らのアクロバティックの特徴は、ほとんど道具を使わないこと。
これはモロッコでは伝統的なものらしい。
砂漠で遠くを見たりするのに人と人とが組んでこのようなことをしてきたそうだ。
そういえば、マラケシュのフナ広場なんかでは、こんな感じの人と人が組み合ったパフォーマンスをやっていたな。

Zimmermannとde Perrotの演出は、民族性の強い彼らのパフォーマンスをどこかシュールなものにしていて、実在のモロッコともまた違う世界観を構築していた。
あまりこういう舞台を語る言語を持ってないのが残念。
コンテでもない新しい身体表現の可能性を見た感じだった。
とにかく大いに笑い、楽しめた舞台!
[PR]
by chihiroparis | 2013-06-11 22:52 | ballet+danse | Comments(0)