<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Noism「カルメン」- Carmen by Noism

f0008907_2591634.jpg
金森穣率いるNoismによる「Carmen」。

ストーリーにというよりはダンサーの身体性に圧倒され、最後の方わけもわからず涙が溢れる。
終演後はしばらく呆然として椅子から立ち上がれないほどだった。是非欧州で紹介されるべき、と強く思う作品。

***
Noismを観たのは旗揚げ後のパリ日本文化会館での公演を観て以来だったので、かなり久々。
あの時は金森穣というダンサーの才能が他のダンサーより突出しすぎていて、その振付の才能に、新しい時代が日本の舞踊界に来るんだ、という期待に胸高まりつつも同時に、彼の思う舞踊をいったい誰が具現して行くんだろう、とも思ったのだった。

久しぶりに観て、そして彼自身が出演していない舞台を観て、これがルードラでベジャールと、NDTでキリアンと、リヨンでエクをはじめとした先進的振付家たちと・・・欧州の第一線の舞踊界に触れて来た金森穣がその後その経験をもとに日本人の身体性と本気で向き合った結果なんだと思うと、感動で泣けてきた。
確かにエクの影響は言語的にも構成的にもすごく大きいと思ったし、フォーサイスが使ってる手法など欧州コンテンポラリーの現在の影響があちらこちらに散見されたけれども、それは真似事ではなくて、彼の中で完全に消化されて彼自身の言語や舞台構成として生きていると感じた

日本人の身体性と真摯に向き合って、と最初に書いたのはそこで、影響を自分のものにし真似事になっていないのはダンサーたちの身体と日々向き合って作ったものだからだろうと思う。劇場付き、カンパニーつきの振付家だからこういうことができたのかなと。

ダンサーでは主役カルメンを演じた井関佐和子が突出している。アジア人女性が恋愛ものを演じると多くの場合おそらくはその身体や表情の特徴から意図せずして女の哀しみのようなものが出てしまい、男性を圧倒するような女性を演じることはとりわけ難しいと常々感じているが、圧倒的なファム・ファタルを演じていて驚いた。

***
オペラや既存のバレエ作品が原作の一部であるホセとカルメンの恋愛に焦点をあてて脚色されているのと違い、この作品は原作の世界観を描いている。すなわち、当時の南スペインの下層社会で生きる人々、そしてそれに関わる「よそ者」たち。オペラやバレエで馴染んでいるカルメンよりも、もっと土臭く、荒々しく、そして誰もが痛々しいほどに必死に生きている。
日本人の身体性と向き合った、と書いたけどこれはでも同時に不思議なほど普遍性を持っている作品。

***
一つだけ私が受け入れられなかったのは、その、「よそ者」の目、を描くために取り入れた演劇の手法、つまり役者のナレーションを入れたことだった。そのセリフ回しが私の中にある演劇体験と重なってしまい、記号としてそれらの記憶が呼び覚まされて、凡庸なイメージを抱いてしまった。役者が声を張りあげれば張り上げるほど興ざめしてしまう、そのことは金森氏の舞踊言語に魅惑され同時に普遍性を感じるのとはまったく違うベクトルだった(私の中での受け止め方が)。アフタートークで金森氏は演劇界から影響を受けたと実際口にしていたし、無声映画の浪曲師のようなセリフ回しは日本的な様式美でもあり使いたかったのだろうが、声はダンサーが時折発する奇声だけでよかったのではないかと感じた。話をわかりやすくと思ったのかもだし、内と外、という構造において、ストーリーの外にいる者の目、を表現したかったのだろうけど、そこは見る側の想像に委ねてはだめだったのか。もっと「行間」があったほうが面白かったのではないか、と私は感じる。
あるいは、既存の演劇との記号性を取り払うべく、声を演劇的に張り上げず、マイクを使ってでも「語り」の形にするのではダメだったのだろうか、などいろいろと想像して考えた。それもこれも、彼の舞踊言語があまりに魅力的だったためにそのものだけを邪魔されずにもっと堪能したいと思ったからである。

***
とにかくあと五回くらい連続で観たいと久々に思うような作品。
それから、これはぜひ他のカンパニーでも観たい。観ながらすぐにパリ・オペラ座や、彼の出身のリヨンオペラ座だったらどう踊るだろう!と想像してワクワクしたし、新国立劇場バレエもこういうものを演じることで広がる幅があるのでは。
そうやってカンパニーって伸びて行くのだと思う。
そこではまたきっと、金森氏がNoismで向き合ったものとは違う身体性と向き合うことになるが、きっとそれがNoismによるこの作品の上演にも何かをもたらすのでは。ピナ・バウシュ、キリアン、エク、ベジャール・・・偉大な振付家たちの作品と彼らのディレクションするカンパニーがそうやって発展してきたように。


[PR]
by chihiroparis | 2014-06-28 02:53 | ballet+danse | Comments(0)

CND Campania Nacional de Danza de Espana スペイン国立カンパニー初来日!

f0008907_2411449.png


嬉しい話題。
CND(スペイン国立ダンスカンパニー)が秋に初来日!

ディレクターは言わずと知れたジョゼ・マルティネス。
パリ・オペラ座のエトワールを引退後、母国に戻り、ナチョ・ドゥアトの後を継いでディレクターに就任。
オペラ座時代より振付家としても活躍しているマルティネスの作品は、一作目である「Mi favorita」の初演から見ているが、「Soli-ter」などお茶目なユーモアに溢れた作品から、「Delibes Suite」のようなクラシックの言語を彼なりに再構成した作品、また、「Scaramouche」(オペラ座バレエ学校への振付作品)のような華やかなディベルティッスマン、そして本格的幕ものの「天井桟敷の人々」と、年々発展し続けている。

彼の作品は登場人物、ダンサー、そして、彼がダンサーとして出会った全ての作品や振付家への強い愛情とリスペクトを感じさせるものだと私は感じている。しかもそれは決して二番煎じや真似事でなく、彼の理解、経験を通して今度は彼の言語として表されている。ダンサーとして、その身体を通して我々に語りかけていた物語、そしてダンスへの愛情を、今度は自らの振付を通して私たちに伝えようとしているのだ。
そんなダンスへの愛情と知性溢れる彼がディレクションするカンパニーCND。

今回の来日作品だが、彼自身の作品の他、キリアンやフォーサイス等彼のキャリア上非常に重要な振付家の作品が並ぶ。他にもナハリンやガリーリといった注目の振付家の作品が選ばれており、本当に彼ならではの鋭いセンスを感じる。
オペラ座からオーレリア・ベレがプリンシパルとして移籍し、クラシックもコンテンポラリーも踊れるカンパニーとして変身を遂げたCND。これは個人的には今秋もっとも注目の舞台、見逃せない!
 
(チラシPDFへのリンク)
[PR]
by chihiroparis | 2014-06-14 03:01 | ballet+danse | Comments(0)

Le palais de Cristal, Daphnis et Chloé

f0008907_22405626.jpg

画像はCulturebox記事より。

ライブビューイングがすっかり定着しましたね。
日本でも、パリ・オペラ座、ロイヤル・バレエ、ボリショイ、等世界各国のバレエ団の舞台を一ヶ月〜数ヶ月遅れで映画館で見られるという素晴らしい企画です。

先日オペラ座の舞台同時中継が欧州の映画館にてありましたが、その時の映像がなんとCultureboxで配信されています。12月5日までの配信だそうです。
9月に日本の映画館でも上映する予定のもの。

一つ目はバランシンが1947年にオペラ座に振付けた「Le palais de cristal (水晶宮)」。その後ラクロワがルビー・ブルー・エメラルド・ダイヤ色のまばゆいばかりの美しい衣装を手がけた華やかな作品です。NYCBの「Symphonie in C」と衣装が違う(こちらはバランシンらしい、女性はシンプルなレオタード、男性はTシャツに黒タイツ)が同じ作品、と紹介されがちですが、振付られた時のカンパニーごとの特色(男女の舞踊手の地位、メソッド、等)により、振付にも実は違いがあります。

二つ目は、次期オペラ座バレエの芸術監督となる、バンジャマン・ミルピエによる新作「Daphnis et Chloé(ダフニスとクロエ)」。数々の芸術家達が絵画で表現し、ラヴェルが曲で表したこの作品、いかにミルピエ氏が自分が今後ディレクションを取るカンパニーのダンサーたちを良く観察したかわかります(決まってからというものの、舞台を見に行くたびに、彼の姿を見かけましたから)。ダフニスのエルヴェ・モロー、クロエのオレリー・デュポンはもちろんですが、海賊のフランソワ・アリュをはじめ、若手の登用にははっとすることでしょう。彼らの個性と、秀でたところを愛情を持ってすくいあげたこの振付に、監督としても期待ができる、という印象を強くもちました。

貴重な舞台です。配信が終わらぬうちにぜひ。

ちなみに、ミルピエ体制ですが、Maître de Ballet associé à la directionであったローラン・イレールが辞職、同ポストにMaître de Balletだったクロチルド・ヴェイエ氏が入り、そしてなんと、オレリー・デュポンが引退後にMaître de Balletに就く、という朗報が!
オレリー・デュポンは、引退後俳優などバレエ以外の道に行くことをインタビューで示唆していたのでこのニュースには驚きですが、オペラ座の至宝と言うべき彼女が後輩の指導に当たるだなんて、ファンとしてはこれほど嬉しいことはありません。伝統的オペラ座のクラシックバレエから、その知性の光るコンテンポラリーでの踊りまで。彼女のキャリアのすべてがカンパニーに継承されていってほしいと思います。
[PR]
by chihiroparis | 2014-06-08 23:03 | ballet+danse | Comments(0)