Rachmaninov piano concerto N.2

京都は晴れ。日曜の昼下がりに柔らかい太陽が窓から入ってくるなか家にいるのもなかなかいい。
と書くと洒落た感じもするが、要は三十路の女が日曜に出かけもせず家にいるだけである(汗)


先日東京の実家に戻ったとき、ふと久しぶりにレコードが聴きたくなった。
うちには亡くなった祖父の大きなステレオがあって、CD時代になってからはあまり動かさなくなったが、昔ビデオに音声がなかったころ(”フイルム”って呼んでたころ)には、家族の”フイルム”上映会をしながら、必ずこのステレオで音楽をかけるのが日曜の恒例行事だった。

壊れたら最後、もう修理もしてもらえない(らしい)ほどの昔のものなので、
私は機械オンチですぐ物を壊す(と家族にレッテルを貼られている)ので触らさせてもらえず。
父が調整をして、選んできたのはラフマニノフのピアノコンチェルト第2番。
(最近だと、のだめカンタービレで有名になった気が。)

やっぱりレコードはいい。音に温かみがある気がする。


ふと今日またこのラフマニノフが聴きたくなった。
どうしてもすぐ聴きたいが、手元にないので、YOUTUBEで探す。
まぁ音の悪さは仕方ないが、走ってCD屋に行く気もしないので。
(ほんとにバカな私はこの間、i-TUneで購入した全ての曲を間違って失くしてしまったので、しばらくi-Tuneで購入する気もおきないのである。)
それでもこのカラヤン指揮のはなかなかネットで転がってる音モノにしてはいいんでないの?

こんなのオケと弾けたらその場で死んでもいい。と思うが、プロでも思うことだろうから、素人ピアニストにはそんなこと決して言われたくないだろう。

聴いてたらいろいろなことを想って泣けてきた。ちょっとナーバスになっているらしい。

Rachmaninov Piano concerto N.2 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

Part 1.

Part2.
part3.
part4.
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-15 15:15 | musique | Comments(0)

Marche a Aix

パリとはまた違ったものが置いてあって楽しかったエクサンのマルシェ。
乾燥fenouil(ウイキョウ)などハーブが充実していてしかも安かったので袋いっぱいに購入。
f0008907_14252831.jpg
f0008907_1426340.jpg

f0008907_14273492.jpg

フランス人は食料を選んでいるときにもっとも真剣な顔してる気が・・・・。
f0008907_14281350.jpg

ここでハチミツを購入。
おまけ。ユリとお散歩中に見つけたブレス鶏。やっぱり高いっ。
f0008907_14352980.jpg
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-15 14:41 | Voyage en France | Comments(0)

Joyeux Saint Valentin!

f0008907_229039.jpg


St-Valentinらしい写真でもないかなと思ったらSalon de chocolatの写真が出てきた。

フランスでは特に男女どちらからって決まってるんでもないんだと思うけど、
大抵男性から、そして、チョコではなくて、薔薇をくれたりなんてことが多いです。

何でも日本でも今年逆チョコと称して男性から贈るのが流行らしいけど、
私、こんなものを目の前にすると是非顔をうずめたいっ、と思うタイプなので大歓迎な流行だわ。⇒
f0008907_22151074.jpg
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-14 22:19 | fete | Comments(0)

最近買ったモノ petits cadeaux pour moi-meme

f0008907_13191846.jpg


激しく一目惚れしたアクセサリー飾りと、マトリョーシカのキーカバーにかばん。
いや、いい加減自分の年わかってるんだけどね。
アクセサリー飾りはもうひとつ違うドレスバージョンが売ってたので現在深く深く悩み中。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-14 13:24 | ce que j'aime... | Comments(2)

Les amoureux sous la pluie

f0008907_12553670.jpg


そこのお二人。雨、結構土砂降りよん。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-13 12:58 | Voyage en France | Comments(0)

Aix-en-Provence

f0008907_1244397.jpg
f0008907_1246887.jpg


ほったらかしの12月のエクサンの写真でもUPするかな。
エキサイトは写真を載せるのが楽しくなりますな。

ムッシューの後姿がかっこよかったのでパチリ。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-13 12:48 | Voyage en France | Comments(0)

宮島 en quittant Miyajima


f0008907_058121.jpg
f0008907_059516.jpg
瀬戸内って本当に美しい。
邦画がむしょうに見たくなったり、瀬戸内の島めぐりでもしようかと思ったり。
そんな気分に向く映画ないかしらん。
宮島旅行記fin.
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-11 01:07 | Voygage au Japon | Comments(4)

まだまだ宮島 Tjrs a Miyajima

f0008907_044618.jpg
しみじみ、日本って美しい、とここを通ったとき思いました。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-11 00:47 | Voygage au Japon | Comments(0)

St-Tropez

f0008907_036961.jpg
このシュールさがたまりません。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-11 00:37 | Voygage au Japon | Comments(0)

漢字・かんじ・カンジ

某講演の準備で徹夜中。
嘘。徹夜はもう出来ない年のようで、準備が終わってないのに3時間も寝てしまった。


自意識過剰だろう、何だか本名があばかれるような気がして、
ブログに意識的に名前を漢字で書かないようにしていたが、
私の名前は漢字で書くと千尋である。

メールをもらったときに随分印象が違うことに気づいた。


千尋ちゃん、千尋さん、とメールに書いてあると、ちょっと読んでいて背筋がシャンとする。
苗字から名前に移行して、女性として扱ってもらってる気がして嬉しいときもある。
自分で書くときは、苗字で書くほどじゃないけど、まだちょっとかしこまった関係の人や、
落ち込んでいる友達を真面目に励ます文章だったとき、などなど。

ちひろさん、ちひろちゃん、と友達から書かれると距離が近い感じがして嬉しい。
自分でこれはあまり使わない。なんでだろう。個性がない気がするのかな。
あ、でも柔らかく文章を締めたいとき、使ってる気もする。
ちひろ氏って言ってくれるのは友人M。その人しかしない私の呼び方があるというのも友人関係のあらわれで何だかいいものだ。


いずれにせよ、自分で名乗るときにはチヒロ、が一番愉快な感じで自分の性格が表せる気がする。こう、ちょっと自嘲気味だったり、自分をおちょくる感じだ。
メールやチャットだと必ずこれ。ブログも。でも使う友達は選んでいる気がする。
チヒロちゃん、とかチヒロさん、って書いてくる人は男女ともにいない。
書かれたらちょっとなんか違和感があるような。かといってごく近い関係だと愉快な感じが出てておちょくられているような、なんか嬉しい感じもある。(そうだ、クボちゃんはチヒロちゃんって書くけど、我々の友人関係は一番それが表せる気がする。)

なんとまぁ我侭な。


実はこの自分で書くときの使いわけのほう、知らず知らずにやっていたことで、
気づいたのはあるとき、うちに来ていた友達皆でふざけて、その日来られなかった友人Fをからかいつつ入れ替わりでチャットを書いていたときだった。O氏が私のフリをして書いたのだが、チヒロさんはちひろとは書かないからね、とあっという間にバレたというわけ。

あ、もう一つ、Chihiro じゃなくてchihiroっていうのがある。わざと小文字ではじめる。
なんでだろう。ちょっとした日本的謙遜のつもり?小心のあらわれ?


・・・といくつもいただいた誕生日へのメールを読みながら考えてたのでした。
メールくれた皆、ありがとう。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-09 07:33 | petite histoire | Comments(0)

宮島へ Voyage a Miyajima

f0008907_20573470.jpg
名物の穴子を食べていざ出発。
f0008907_20474042.jpg
久しぶりの海っていうのもあって、うっとり。気分は寅さん。
f0008907_20492557.jpg

これを見て私、なぜかデュラス原作の「ラマン L'amant」の最後、彼女がヴェトナムを去りフランスへ向かう船に乗り込むところを思い出したんですが・・・。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-08 21:02 | Voygage au Japon | Comments(0)

あをによし

・・・じゃなくて鹿つながりでもここは宮島。
あまりの美しさに感動したのでしばし写真をシリーズで。
f0008907_1559215.jpg

[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-08 16:01 | Voygage au Japon | Comments(0)

Domingo !

9月から一年今年は京都にいるので、長らくの親不孝の埋め合わせ、とよく東京の実家に戻るのだが、実家に戻ると自分自身はすっかり忘れてたような昔話をされたりして楽しい。

...................................................................................


大学4年のときに友達3人とフランス→スペイン→モロッコ→ポルトガルと旅した話はブログで何度も書いているが、その旅でバルセロナに数泊した。

たまたま街の大きな劇場ではウエスト・サイド・ストーリーが上演されていて、
ミュージカル好きの私の提案で、じゃぁ今晩観ようか、と劇場に昼間チケットを買いに出かけた。

仏文学生の私、ラテン語は必須だったはずだが、スペイン語なんてさっぱりわからない。
同行のMとEも、もちろんだ。

劇場の前には「Domingo」と書いてある。
そうか。プラチーノ・ドミンゴがきっと主役のトニーなんだわ。
3人で疑いもなく思い込む。

そう、年がばれるが当時、今は亡きパヴァロッティ・ドミンゴ・カレーラスが、旬を過ぎてしまったからだろう(と言ったらファンに怒られるか。)”3大テノール”とうたって、3人まとめて売り出したころで、大人気だったのだ。

そうか。今日はドミンゴなのね。

スペイン語しか解さないと思われる売り場のおばさんに一生懸命

「Is it Domingo? Tony is Domingo?」

と、オバサンが理解しそうなシンプルな英語で聞きなおすが、オバサンは、イエス、イエス、と言うだけである。

そうか。今晩ドミンゴがウエスト・サイド・ストーリーに出るんだわ。

疑いもなく信じる3人。
高校の音楽の授業で、3大テノールの一人、カレーラスが、キリテ・カナワとウエスト・サイド・ストーリーを歌ったCDのメイキングビデオを見たのもこの自信の裏づけとなっていた。
そう。オペラ歌手だってミュージカルに出るのだ。

さて。夜、ワクワクして出かけ、開演だ。

スペイン人はあまりスタイルがよくないし、なんかちょっと今まで見てきたウエスト・サイド・ストーリーよりも身振り手振りも派手だし、ちょっと情熱的すぎる気がするけど、いいのだ。
これから私たちはドミンゴを見るのだ!

・・・・待てどくらせど彼が出てこない。と思っているうちに、一幕が終わって、休み時間になってしまった。


「変だよねぇ。トニーもう出てたしさぁ。」

・・・・しばし3人で考え込む。

ここで当時最先端の旅行用電子辞書を持っていたE.

「ねぇ、Domingoって人の名前じゃなくてなんか意味があるんじゃないの?」と辞書で探しはじめる。


「・・・・」

「"日曜日"だって」


そう、その日は日曜日だったのだ。

その後のニ幕、我々3人が笑いすぎで何も記憶にないことは語るまでもない。

................................................................................................

じゃ。スペインつながりで、ペルー人の友人が連れて行ってくれたパリ15区のペルーレストランの写真でも。さすが、ペルー人の紹介。美味しい。彼らもお魚を生で食べるそうで、パリにしてはお魚の鮮度も抜群。El Chalan、絶対オススメです。一番右はデザートの、紫トウモロコシ。珍しいですよね。

f0008907_15235152.jpgf0008907_15241391.jpgf0008907_15251040.jpgf0008907_15271180.jpg
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-08 15:30 | petite histoire | Comments(0)

Repetto

f0008907_1440895.jpg


オペラ座近くのRepettoのウインドー。
かわいい・・・・。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-08 14:42 | ce que j'aime... | Comments(0)

決めた

AOLダイアリーサービスが終了し、どうしたものかとウロウロしてましたが
このエキサイトに引っ越してくることにしました☆
今までの記事はコチラです。
[PR]
# by chihiroparis | 2009-02-08 14:17 | Comments(0)