ミュージカル5本勝負@London

f0008907_19124139.jpg
f0008907_19133350.jpg
f0008907_19134250.jpg
f0008907_19135780.jpg
f0008907_19385326.jpg
25周年を迎えたミス・サイゴン。
記念コンサートを月曜に控えているという直前の金曜に見た。
記念の年だからなのだろうか、キャストが素晴らしく、勢いがある。世界中からオーディションに来ているのがわかるキャスト(例えばThuy役は韓国人の素晴らしいテノール、Kwang-Ho Hong)だ。
よくよく冷静に考えるとまぁひどい話なんだが、最後は号泣。隣のカナダから来たという大男のオジさんもおいおい泣いてたし、真後ろではマダムが嗚咽を漏らしていた
キム役のEva Noblezadaはレア・サロンガの系統そのまま、パワフルかつ繊細な歌声に可愛らしい容姿でクリス(映画のLes miserablesにも出ていたAlistair Brammer)と恋に落ちるストーリーに説得力がある。
もちろん最後が泣かせる場面だが、他にも見応えがあったのはクリスの奥さんとの場面か。辛い。
実際にもアジア系の2−3世がこのような舞台を担っているあたりに複雑な気分になる。

*****
20年以上前からもう何度も気が狂ったように見ているオペラ座の怪人。
何度見ても最後の場面、三人の想いに泣かされる。
音楽の天使として慕っていた貴方。
醜いのは顔ではなくてその心よ(劇団四季の日本語歌詞の場合)。
昨年よりも良いキャストで、満足。
ちなみに最後以外に特に好きな場面はプリマドンナの大合唱。

*****
エヴィータ。
これは素晴らしい!劇団四季では声が全然出てなかったのが分かる。なんとパンチのあるエヴィータ役のMadalena Albertoの歌声と、存在!
チェ・ゲバラ役はMarti Perrowという人だそうだがカスれ声であまり伸びがなかったのが残念。これが味わいだと思って配役したのか。
芝さんのチェ・ゲバラに慣れ切った私には物足りなく。
舞台装置は随分日本で見たものと違う。照明も含めちょっとチープだった。

ペロンの恋人だった女性が歌う場面、日本の配役はキーが高めの歌のせいか、可愛らしい女性を配することが多く、物語として意味不明だった。
よりセクシーな女性が歌っていたことで歌詞が伝わってきたような気がした。

ちなみに話は逸れるが、本来の物語が設定している以上に少女的な配役をすることで話が見えなくなっていることが日本では多い。
以前フランスでイギリスのカンパニーがレ・ミゼラブルを上演した際、コゼットの少女性が薄かったことで初めて自分が見ていてストーリーが納得の行く展開だった印象的で、一緒に見た同じくミュージカルに詳しい友人と、日本のミュージカルの少女役の設定について随分議論したのだった。

******
レ・ミゼラブル。
会場は沸いていたが、そろそろロングランはおしまいにしたほうがいいのではと正直思った。
昨年ほどではないがキャストがひどい。ひたすらに声を張り上げて歌っているだけだ。
あくまで印象だが、若手のいい役者は他を目指すようになってしまい、いい配役が集まる舞台ではなくなっているような。
(昨年に引き続き出ていたエポニーヌだけは素晴らしかった。)
あるいは細かい描写まで可能な映画版で見てしまったからだろうか。

映画版と言えば、ミュージカルでは描けないディティールまで画にしたことで話に深みが出たことが素晴らしかったが、舞台でミュージカルとして見ているものには音が悪すぎて残念だった。狭い空間で録音されたことが感じられる音声で、舞台で同じ版を見ている者には物足りなかった。他にもラッセル・クロウ演じるジャベールの歌の下手さ等。クセのあるキャラクターは素晴らしかったものの、ジャベールはやはり朗々と歌い上げるイメージが強く(自害前の見せ場は特に)、歌の力量は役には重要だ。

*****
マンマ・ミーア。
この舞台を見て、皆さん何を思うだろうか。
一番最初に劇中で、友人たちが主役のドナを励ますべくDancing Queenを歌う場面。
もう若くない彼女達。背中に肉がたっぷりとついた50代?の彼女達が、まだ行ける、って生き生きと歌う。
私はずっと、どうやって、「おばちゃん」ではない年の取り方ってないものか、と老いに対して抗う形で考えていた。
それが、おばちゃん、もいいよね。年を取るのは怖くない。とこれを聞きながら思い、涙が溢れた。
苦しい事もそりゃたくさん経験しているんだけど、こうして生き生きしていたおばちゃんって素敵!人生って楽しいじゃない!おばちゃんになるのは怖くない!と本気で思えた舞台だった。

おなじみのコンサート形式の最後は、1人客なのにもうノリノリで踊ってきてしまった。

*****
人生の喜びから哀しみまで。ミュージカルは素晴らしい。

結論。この街にいると私破産しそう。




[PR]
by chihiroparis | 2014-10-12 19:47 | Voyage dans le monde

主にバレエ評


by chihiroparis